あなたの声に心は開く Mon coeur s'ouvre a ta voix..

chisa001.exblog.jp

ソウル旅行その②東大門『陳元祖補身タッカンマリ』

ワッフルで小腹を満たした後は、近くにある「教保文庫」へ。
お友達のカワイイ娘ちゃまのために、とあるアーティストのニューアルバムを購入。
ポスターやカードもたくさんいれてくださり、うれし(^^)
日本やアメリカもそうですが、大型の本屋さんて、本だけでなく、CDや、文具も売っていて、
かなり楽しい場所だと思います。お土産物色にもよいし、ついつい長居をしてしまいます。


その後もお決まりコース、鍾路11番マウルバスに乗って、三清洞へ。
このバスは移動にとても便利なバスですね~。
ソウルナビにも乗っていましたので、興味がある方は、コチラをクリックどうぞ。

三清洞にあるお店は、たいてい他の場所にも支店があるし、何か特別なものがあるわけでもないですが、
このあたりの雰囲気がとても好きなので、毎回訪れてしまいます。
お店では、キムズブティックさんとBABARAさんに行きましたが、今回はピンとくるものがなかく、
おしゃべりしながら(←おもに夜ご飯について・(笑))街のそぞろ歩きを楽しみました。

ささ、1日目の夜ご飯に決定したのは、こちら~!


◆陳元祖補身タッカンマリ 鍾路本店
f0033940_2192043.jpg


私、まだ韓国では、まだタッカンマリを食べたことがなくって、とっても楽しみにしていました。
このあたりは、同じようなタッカンマリのお店が何軒もあるのですが、私たちはこちらに。
といいますか・・・・こちらにした理由がまったく思い出せない(笑)
決して、行き当たりばったりではなかったんですが、なんでコチラにしたんだろう・・・、あはは。



f0033940_21940100.jpg

タッカンマリをお願いして、サイダーで乾杯♡
街を歩いて乾いていた喉にしみわたります。へへ、表現がオヤジくさいね!






f0033940_21115882.jpg


とてもシンプルな料理ですが、本当に美味しい!
おばちゃんが、トッポギなども進めてきますが、ひとまず、シンプルにこれだけで。
写真は、ありませんが、タデギというタレにつけていただきます。自分で調合するので辛さも調節できますね。

そして、しめにはクッス(おうどん)を追加で。
いやぁー、これまた美味しい!!トリやお野菜からでたお出汁が麺にからんで、あぁ、幸せ!
けっこう、お腹がいっぱいで追加するか迷いましたが、追加して正解。これは、食べなきゃ!
お腹がはちきれそうでも食べてみてください(笑)、どこかに隙間があるはずです。

少し早目の入店でしたので、入店時はお客さんはまばらでしたが、お店を出るときは、満員になっていました。
隣に座っていたご夫婦のお鍋をチロリと見ると、キムチを投入されて真っ赤!
普通の顔で召し上がっておられました、さすが!

陳元祖補身タッカンマリ(旧・陳元祖補身鶏)
住所 ソウル特別市 鍾路区 鍾路5街 265-18,19
서울특별시 종로구 종로5가 265-18,19
電話番号 02-2272-2722

帰り道、一度行ってみたかった“焼き魚横丁”も見つけたし・・、
次回の悩みどころは、タッカンマリか焼き魚かですね。これぞ、嬉しい悩み♡



f0033940_21122456.jpg


食後のお茶タイムは、安定の『gamoo』さん。
ビエンナというウィンナーコーヒーとサービスでついてくるケーキで、
明洞のど真ん中ということを忘れさせてくれて、ゆったりくつろげます。


Gamoo
住所 ソウル特別市 中区 明洞2街 55-13 2~4F
서울특별시 중구 명동2가 55-13 2~4F
電話番号 02-776-3141
[PR]
# by chisa-yoshikawa | 2013-10-31 21:15 | *13/07 Korea

ソウル旅行その①光化門のお気に入りカフェ「cafe imA」

やる気のあるうちに、本日も投稿です。

今年の夏も暑かった7月、お仕事が一区切りした翌日、旅行へ出かけました。
行先は、そう韓国です
移動距離、時間が短く、時差もなく、食べるもの、お買い物も好みのものが多い、それでいて外国である。
これが私の韓国旅行の理由です・・・かね(^^)。


このブログが長い間のお休み時にも、訪れてくださる皆さんの多くが読まれているのは、
どうやらソウル記事だということがわかり、
せっかく行った美味しかった&楽しかった場所の写真もあるのでアップすることにしました。
「3月の旅行記、途中なんじゃ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、
その時に行った店も今回訪れていますので、それでご勘弁ください(笑)


さて、今回は初の真夏の渡韓!
「めっちゃ、あついよ~」と言われていたので、
そもそも燦々と降り注ぐ夏さと折りたためてバッグになおすことのできるこの帽子お気に入りです。
f0033940_21335560.jpg



空港について、市内にいくお迎えのバスには、コチラのお二人が♡
f0033940_21355252.jpg

朝早いフライトだったので、半分寝ぼけていた私も目がバッチリ覚めました。
あっ、一瞬だけ(笑)バスの中では、またウトウト。


さて、1時間ほどで市内について、荷物を置いてすこしゆっくりした後は、こちらへ。

◆Cafe imA
f0033940_21373053.jpg

実は、前回の最終日に朝ごはんにこちらのワッフルを食べようとお店を訪れたところ、食べられなかったんです。
といのも、お店は、朝10時からあいているのですが、
ワッフルなどは11時からしか作っていただけないみたいで、
飛行機の時間もあって、結局コーヒーだけで我慢しました(涙)
前回の旅は、こんなことが何度かありました。ぐすん。

なので、今回は、一番目の訪問場所は、こちらに。
f0033940_213822.jpg

そして、注文するのは、もちろんこれ、“Waffle with Ice Cream”
アイスクリームは、イチゴ、チョコ、緑茶、バニラの4種類から選べます。
個人的に、こちらのワッフルが、私、本当に好きです♡
運ばれてきた瞬間は、「食べられるかなぁ?」と一瞬思うんですが、生クリームもパクパクいただけちゃいます。



f0033940_213828100.jpg


大好きなお姉様である、人気ブロガーのいりひにさんもこちらに最近行かれたみたいですね。
そちらのブログにも書かれていますが本当にのんびりした時間を過ごすことができます。
時間帯にもよるんだろうけれど・・・。



f0033940_21384730.jpg

景福宮の王宮守門将交代儀式もお店の窓から見えました。

都会のど真ん中ののんびりした時間を過ごすことができるcafe imA、
美味しいワッフルが、今回の旅へのワクワクを高めてくれました。

cafe imA(カフェ イマ)
住所 ソウル特別市 鍾路区 世宗路 139
서울특별시 종로구 세종로 139
地下鉄5号線光化門(クァンファムン、Gwanghwamun)駅 5番出口すぐ
[PR]
# by chisa-yoshikawa | 2013-10-25 21:52 | *13/07 Korea

大阪、福島の美味しい麺屋さん

またまた、こんなご挨拶から始めることになってしまいました。

お久しぶりです!
ようやく色々と落ち着きましたので、再開できればと思っています。
手始めに、大阪の福島でいただいたとっても美味しかった麺のお店をご紹介。



讃く (さんく)

f0033940_11583248.jpg


お世話になってるKakoさんに連れて行っていただいた、讃岐うどんのお店。
かなり前なので、記憶がアヤフヤですが、
これはたぶん生醤油 280円 ちくわの天ぷらをプラス100円で、なんと380円。(だったと思います)
麺も美味しく、またこのちくわの天ぷらが格別!お値段もお安い!

またこのお店では、My箸持参10円引き、My丼持参で20円引きのエコ割引があります。
私は、kakoさんにお箸をお借りして10円引き、kakoさんはお箸&丼持参で30円引き。

お店は、朝の7時からオープン!
でもお店のラストオーダーは、15:39意外に早いのでお気を付けくださいね。

◆讃く (さんく)
06-6455-6613
大阪府大阪市福島区福島2-8-3

f0033940_1242334.gif


そして、もう1軒は、

烈志笑魚油 麺香房 三く

f0033940_11594266.jpg

先に書いた『讃く』さんと同じ系列のラーメン屋さんです。
以前から「とっても美味しいよーー!」と噂は聞いていて、やっと伺うことができました。
この日も、Kakoさんと。
その聞いていた情報どうりに本当に美味しいラーメン。
優しいお魚のスープが胃にしみわたります!



f0033940_1205743.jpg

おうどん屋さんもコチラのお店も、食券を買うシステムです。
色々美味しそうなメニューがあって、とっても迷いますし、行列でゆっくり悩めないので、
ちょっと苦手なシステム(笑)ですが、この日は、豚の角煮丼のセットにしました。
慌てていたため、大のセットにしちゃって、
kakoさんにも「chisaさん、さすがに食べられないと思います」と言われ、
小に交換してもらいました。あはは。

後日、友人にこのことを言うと、「丼とのセットは、お腹パンパカパンコースだよ」と言われましたが、
本当にその通りで、小でもお腹がはちきれそうになりました。


f0033940_1215374.jpg

しばらくして、また再訪しました。
この日も、つけ麺にしましたが、麺は全粒粉麺にしました。
このつけ汁が本当に美味しいです。チャーシュー、刻み葱、レンコンなどが入ってます。
重たくなくって、本当に永遠に食べ続けることができそう(笑)

こちらの営業時間も少しかわっていて、平日(月~土)昼 11:39~14:39、夜 18:39~23:39、
日、祝 (11:39~14:39)、第2第4日曜日がお休みのようです。
店名である三くの3と9にこだわって、このような時間設定にされてるみたいです。


◆烈志笑魚油 麺香房 三く
06-6451-4115
大阪府大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス 1F


天候が悪い日が続いています。
みなさん、お気をつけて毎日をお過ごしくださいね。
では、また!
[PR]
# by chisa-yoshikawa | 2013-10-23 12:06 | *Others

お久しぶりです!京都、祇園の『よーじやカフェ』

f0033940_18314377.jpg

お久しぶりです。お元気ですか?
こんなにながーい期間のだんまり期間は、ブログを開設して以来はじめて?
更新できなかった理由は、3つほど。
①7月が、私的に久しぶりに忙しく、その後、旅行に行っていたから。
②PCの調子が良くない。③instagramをはじめて、その手軽さに目移り中(笑)
…ですので、私自身は、すこぶる元気にしています(*^^*)

さすがのこの状態に友人たちは、
「いつまで、フォーのクッキーの写真なの?」(←正しくは、フーのクッキーです)の声に、
重い腰をあげました。
今日からまた、ボチボチいきたいと思います。
このだんまり期間にもかかわらず、ブログに来てくださったみなさん、ありがとうございます。

さて、いくつか更新中のレポがありますが、ひとまず最近に伺った場所をご紹介。
京都へ行ったとき、あぶらとり紙でおなじみ「よーじや」さんのカフェへいってきました。

f0033940_18355186.jpg


夏といえば、かき氷!宇治金時のかき氷。
シェア…………なんて言葉の意味、私わかりません。ハイ、一人で完食。
氷はフワフワ、抹茶のお味がとっても濃くて、おいしーーー!
ちょこんと添えられてるのは、栗と白玉団子。白玉もボリューム満点。

f0033940_18365128.jpg


そして、かき氷で涼んだ後、カフェラテと抹茶ラテ。
よーじやのおなじみのキャラクターのラテアート、美しい!面白い!



f0033940_18375535.jpg


爆笑中の私。 なぜ、なぜ?


見て!
f0033940_18383540.jpg


どこから飲むか迷ったあげく、ソロリと、よーじやちゃんの口に口づけしたら(笑)、こんなことに!!


今回、私が行ったのは、「よーじやカフェ」の祇園店。
何度か訪れたことがあるイタリア料理屋さんのビルにできたらしく、
友人いわく並ぶ人もいなくて穴場だよ!といっていたのですが、
時間がよかったからか、本当に並ばずに入れました。
お店を出るときには、数名並んでおられたので、そのときの運によるのかもしれませんね。

一度行ってみたいと思っていた「よーじやカフェ」、大満足の時間でした、ありがとう!


◆よーじやカフェ祇園店
〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側266 井澤ビル2F
075-746-2263
[PR]
# by chisa-yoshikawa | 2013-08-20 18:43 | *coffee shop

芦屋Feuのクッキー


f0033940_10303660.jpg

なんだか、バタバタ?アタフタ?ワタワタ?している間に7月になっていました。
こんな↑ものをいただきながら、かわらず元気にやっています(*^^*)

このCute Cookies.芦屋Feuさんのもの。
定番のソフトタイプのクッキー、初めて食べたときは、
その口どけしていく感じと美味しさに衝撃を受けました。

Feuさんのこだわりは、
「小麦粉はポストハーベスト農薬の心配がない国内産小麦粉を100%使用。
その他も出来る限り国内産で、無農薬・無化学肥料で栽培された材料、添加物を使用していない素材を厳選。
大切に育てられた素材の持つ本来の味と香りを感じて頂くために、香料は使っていません。」とのこと。

とても優しいお味のクッキー、Feuさんのお店は、
残念ながら7月、8月、9月は、夏休みなので販売されていませんが、
箕面、宝塚、心斎橋の「ダンケ」では、7月20日まで販売されているようです。

私は、いつも心斎橋のコーヒーショップ「ダンケ」さんへいったときに購入しています。
父もこのクッキーが好きで、同じ日の時間差で、購入していた…なんてこともありました。
ダンケさんでクッキーを買い占めるmy family(笑)
ちなみに、母は、「Feu/フー」が読みずらいらしくいつも「フォーのクッキー」と言って、
私の頭にレイザーラモンを登場させます(笑)。
みなさんもお気をつけください。

そんな、手作りクッキーのお店、芦屋Feuのホームページは、こちら

では、これからものんびり更新が続きますが、よろしくお願いします(^^)
今日も心豊かな一日を・・・。

chisa
[PR]
# by chisa-yoshikawa | 2013-07-04 10:37 | *Sweets