あなたの声に心は開く Mon coeur s'ouvre a ta voix..

chisa001.exblog.jp

Tanglewood   

先週、マサチューセッツ州のレノックスというかわいらしい町にある、
絡まった、もつれ合った木々という意味のTanglewood/タングルウッドの音楽祭に行ってきました。
f0033940_18224918.jpg

その名の通り、緑がいっぱーい。
まずは演奏を聴く前に緑の下で、ピクニック♪
テーブルを広げて、花瓶にお花を入れて、ワインをかたむけてる用意周到な人たちも。
f0033940_1823671.jpg

昼間は、ここ↑でボストン饗のオーケストラで
まずバリトンのトーマスハンプソンのマーラー。
ハンプソン、素晴らしかった!
巧みに色んな声を用いて、でも誇示したり、いきったりするところ一切なし!
それから、シベリウスの2番~。こちらも感動♪
自然の気持ちよい風を感じながら、美しい音楽を聴く。
ほんと幸せ~☆でした。
f0033940_18232183.jpg

そして夜は、プレヴィン(andre previn)のジャズ!!!
会場は、tanglewoodといえばの指揮者小澤さんの名前が付いたOzawa Hall。
私の後ろに写っている建物がそうです。
こちらも客席の後ろがあいていて、草の上にキャンプ用のシートや椅子を広げて気軽に音楽を楽しめるのです。
私も最初はキャンプ用の椅子に埋もれて聞いていたのだけど、
夜が更けていくたびに『さっ、寒い!!
ありとあらゆる羽織ものを体にかけて耐え忍んだものの(笑)
1部の休憩でもう我慢の限界、乗ってきた車に避難しようと思っていたら、
1部で帰られるご婦人が『中の席のチケットあるけど、いらない?』と。
まさに神様の声!!なかんじですが、
その時の私は、とにかく車に戻ることばっかり考えていて、『いりません』と返答。
とさらにご婦人は『どうして?』(そらそうやろ・・)
『だって寒いんです』と私。(おいおい)
『だから、中の席はあったかいわよ』ということで
私の思考回路もようやく元に戻り、ありがたくチケットを頂きました。
その席は、なんと前から2列目、しかも無料!!!!

プレヴィンはどうみてもおじいちゃんなのに、そんな彼から生み出される音楽は、
良い意味で軽く、キラキラとし、洒落てました。

自然の中で聴く最上の音楽、本当に満足な1日でした。
[PR]
by chisa-yoshikawa | 2007-07-23 23:16 | *'07NY